馬油でアンチエイジングってどうやってやるの?

私は51歳の女性です。
この年になってくると、鏡を見るのがイヤになることってありますよね。昔は特に何をしなくても、ピンとはったキレイな肌だったのに、いつの間にかハリが失われ、その上小じわやシミまでもが目立つようにもなって、「ああ、もう二度と若い頃のハリのある肌に戻ることはないんだなあ」って思ったら、自然と「ふぅっ」って、ため息が出て、気分が落ち込んじゃいます。もう50過ぎですから、たるみもシワもシミを自然なことなんでしょうけど、「せめて若々しく見られたい、キレイと言われたい」ってやっぱり思っちゃいますし、エイジングケアをがんばろうとも思いますよね。

ありがたいことに、エイジングケアに関しては、最近はかなり技術も進んでいるようで、-10歳肌も夢の話ではないみたいですが、その為には高い美容液を購入したり、エステに足しげく通ってプロの施術を受けたりしなくてはいけませんので、費用の面でちょっとハードルが高いですよね。

そこで、私は3年前から、どうにかしてプチプラでアンチエイジングが出来ないだろうかと考え、いろいろ試した結果、とても効果のある商品に辿り着きました。

それは、何をかくそう「馬油」です。私が使用しているのは「ソンバーユ」ですが、こちらの商品は馬油の中でも一番ポピュラーなので、多分どなたでも聞かれたことがあると思います。

私は、その「ソンバーユ」を、ありとあらゆる場面で使用しています。たとえば、クレンジング変わりに「ソンバーユ」を使用します。この時、クレンジングをしながら、よくマッサージするようにすると効果的です。そして、クレンジングの後、洗顔をし、また馬油を顔全体に伸ばします。この時のポイントとしては、顔に水分が残っている状態で馬油を塗るということです。こうすることで、馬油がブースターの役割をしてくれて、その後に化粧水をつけた時に、驚くほど化粧水の浸透が良くなり、みずみずしく潤いのある肌を保つことが出来ます。

また、乾燥が目立つ日は化粧下地として利用すれば、肌がしっとりして化粧浮きすることがなくなります。

加齢による手の老化防止にも馬油はとてもいいですよ。私は、洗い物の後など、ハンドクリームの代わりに馬油をつけていますが、前よりも手がふっくらして若々しくなったような気がします。

首のケアにも馬油は最適ですよ。伸びがいいので、あごの下からデコルテまで手軽にケアができます。

このように万能な馬油ですが、お値段がお手頃なのもいいです。私いつもはドラッグストアで1500円くらいで購入しています。

馬油は、本当にアンチエイジングの万能選手だと、私は実感しています。皆さんも、ぜひ一度試して見て下さい。